スポンサーリンク

『このマンガがすごい!2021』オンナ編TOP10をご紹介!

宝島社が毎年この時期に出版している『このマンガがすごい!』の2021年版が12月14日についに発売されます!

今回は「オンナ編」のTOP10をご紹介していきたいと思います。

歴代の1位をご紹介

今年のランキングの前に今まではどのような作品がランクインしていたのかご紹介いたします。

『このマンガがすごい!』が発売され始めた2006年から2020年の歴代1位をまとめてみました!

タイトル
2006年ハチミツとクローバー(羽海野チカ、集英社)
2007年ハチミツとクローバー(羽海野チカ、集英社)
2008年君に届け(椎名軽穂、集英社)
2009年坂道のアポロン(小玉ユキ、小学館)
2010年ちはやふる(末次由紀、講談社)
2011年HER(ヤマシタトモコ、祥伝社)
2012年花のズボラ飯(作:久住昌之 / 画:水沢悦子、秋田書店)
2013年俺物語!!(作:河原和音 / 画:アルコ、集英社)
2014年さよならソルシエ(穂積、小学館)
2015年ちーちゃんはちょっと足りない(阿部共実、秋田書店)
2016年ヲタクに恋は難しい(ふじた、一迅社)
2017年金の国 水の国(岩本ナオ、小学館)
2018年マロニエ王国の七人の騎士(岩本ナオ、小学館)
2019年メタモルフォーゼの縁側(鶴谷香央理、KADOKAWA)
2020年さよならミニスカート(牧野あおい、集英社)

ビッグタイトルが勢揃いですね。

さて今年選ばれたのでどの作品でしょうか。

皆さんも予想しながら見てみてください!

2021年のTOP10をご紹介!!

3位→2位→1位をご紹介して、その後一気に4〜10位をご紹介していきたいと思います。

第3位

第3位は、

『薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―』  笹生那実(イースト・プレス) 102pt

です!

第2位

第2位は、

『後ハッピーマニア』 安野モヨコ(祥伝社) 125pt

です!

第1位

そして栄えある第1位は……

『女の園の星』 和山やま(祥伝社) 333pt

です!!

多くの漫画賞を総ナメしたこの作品が見事1位に選ばれました。

ポイント数も2位と2倍以上差をつけてのランクインでしたね。

2021年3月8日には待望の第2巻が発売されますので、まだ読んだことがない方は今のうちに読んでしまいましょう!

第4位〜第10位

それでは4位〜10位を一気にみていきましょう!

第4位 『マイ・ブロークン・マリコ』平庫ワカ(KADOKAWA) 100pt

第5位 『カラオケ行こ!』 和山やま(KADOKAWA) 71pt

第6位 『ミステリと言う勿れ』 田村由美(小学館) 60pt

第6位 『わたしの幸せな結婚』 顎木あくみ(作)高坂りと(画)月岡月穂(キャラ)(スクウェア・エニックス) 60pt

第8位 『かしこくて勇気ある子ども』 山本美希(リイド社) 56ptt

第9位 『消えた初恋』 アルコ(画)ひねくれ渡(作)(集英社) 52pt

第9位 『ゆびさきと恋々』 森下suu(講談社) 52pt

まとめ

いま話題の作品がランクインしていましたね。

年末年始にやることないなぁと言う方はランクインした作品を一気読みしてみてはいかがでしょうか?

来年の『このマンガがすごい!』ではどのような作品がランクインするのか楽しみですね♪

エンタメ もふ知恵袋
スポンサーリンク
モフモフチップスをフォローする
モフモフチップス

コメント