スポンサーリンク

コーヒーを更に美味しく!コーヒーの歴史を調査!

coffee

一般的なコーヒーの調査

一般的に近年はコーヒーを飲む人が増加傾向にありますが、日常的にコーヒーを飲むのはどの位いて、どのようなメリットがあるのか?

以下でコーヒーに関する一般的なデータを見ていきましょう。

コーヒーを飲む人の年齢層

皆さんは、1週間で何杯のコーヒーを飲みますか?
日本人は1週間に平均10.32杯のコーヒーを飲むそうですよ!

1週間で10杯程度なので一日平均だと、1〜2杯程度でしょうか。

朝起きたときや仕事中に1杯だけ飲むが多んですかね。
私は、寝起きの一杯がたまらなく好きです。
少し早起きして、時間に追われずに優雅に飲む1杯は仕事終わりのビールのような開放感。
たまりませんね。

そんなときに、ふと思うことがあります。
同じコーヒーでも、飲む時間、環境、状況によってそのコーヒーの味わい方が変わるのではないか。
ということで、1杯のコーヒーを極限まで楽しむためにコーヒーを飲むタイミング、入れ方や飲み方、
そしてコーヒーの歴史を知って明日からいただくコーヒーを最高の1杯にしてみませんか?

コーヒーを飲むタイミング

皆さんはコーヒーをどのタイミングで飲みますか?
朝起きてすぐ飲む人もいれば、夜寝る前に必ず飲むっていう人もいますよね。
人それぞれのルーティーンがあると思います。

コーヒーを飲むことで、

  • 覚醒作用
  • 集中力アップ
  • 脂肪燃焼

など、様々な効果が得られますが、一番効果的な「タイミング」はいつなんでしょうか?
科学的にはストレスホルモンが少ない、朝の9〜11時に飲むのが効果的であると言われています。
また、脂肪燃焼を目的とするのであれば、「運動前」と「食事前」が脂肪燃焼には効果的みたいですよ!
しかし、効果や、科学的な効果を求める人もいれば、「コーヒーを飲む時間が好きなんだから好きな時間に飲ませてくれよ!」っていう人も少なくないと思います。
(どちらかといえば、私もそのタイプです)
コーヒーは嗜好品ですし、飲みたいときに飲むのが一番美味しく飲めるのではないでしょうか?

おいしいコーヒーの飲み方

効果的にコーヒーを飲むのであれば、様々な研究結果が出ていますし、そちらを参考にしていただければいいと思います。
私は、もっぱら飲みたいときに飲む1杯が好きなタイプですので、自分が飲みたいときにおいしいコーヒーを飲む方法をご紹介いたします。

おいしく飲みたいなら、「豆引くところから」とか「ドリップの方法は」とか…
忙しい社会人にはそんなこと無理なわけですよ!
そこで、少しでもインスタントコーヒーをおいしく飲む方法をお伝えしましょう!
そもそもインスタントコーヒーとは一度抽出したコーヒー液から水分を抜いて乾燥させたものになります。
なので、湿気にとても弱いんですよね。

インスタントコーヒーやお湯の分量は商品によっておすすめの分量がありますが、一般的には、インスタントコーヒー小さじ1杯に対してお湯を140gと言われています。
お湯の温度は、90℃前後がおすすめです!

ちなみに、お湯は、カルシウムやマグネシウムの濃度が低い「軟水」がおすすめです。
最後にインスタントコーヒーが溶けるまでよくかき混ぜたら出来上がり!

「それだけ…?」

それだけです。
それだけでおいしい1杯ができるのです。
社会の荒波に揉まれている社会人には、ドリップしている暇はないのです。
手間を欠けずにおいしい1杯が飲めるインスタントコーヒーは社会人の味方ですね!

コーヒーの歴史

では、今では一般的に飲まれているコーヒーの歴史についてもう少し知識を掘り下げていきましょう。

コーヒーの事を知る事でより一層美味しく飲めるかもしれません。

世界のコーヒーの歴史

コーヒーの歴史を知って明日から飲む1杯をよりおいしく飲んでみませんか?
世界で初めてコーヒーを飲んだ人は誰なんでしょうね。
その方は、とっても幸せモノですね。
そんな話はさておき、実際にコーヒーが飲まれ始めたのはいつ頃なんでしょうかね?
諸説ありますが、15世紀頃から徐々に認知され始めて、16世紀中頃に世界初のコーヒーショップがコンスタンティノープルにできました!
500年ほど前のコーヒーショップとはどのようなもんだったんですかね。
今以上に嗜好品として親しまれたりしていたのですかね。
何百年も前の方がコーヒーをどんな場所でどんな味のものを飲んでいたのか考え出すと、なんだか楽しくなってきますね。

コーヒーのことを書いているとついつい飲みたくなってしまいます。
少し脱線しましたね。
話を戻しますと、17世紀以降世界中に広まり世界各地でコーヒーショップができはじめ、全世界で楽しまれ始めました。
その後、よりおいしく誰でも飲めるように改良され続けて今に至るとうことですね。
詳しくコーヒーの歴史を知りたい方は、色んなサイトで詳しく説明されていますので一度詳しく調べてみるのも楽しいですよ!

日本のコーヒーの歴史

日本にコーヒーが伝えられたのはいつ頃なのでしょうか?
日本は長らく鎖国していましたので、他の国々に比べると少し遅めですね。
鎖国中に長崎に出島ではすでに飲まれていたなんて説もありますが、どうなんですかね)

日本の文献に初めてコーヒーについて記述されていたのは18世紀後期なので、日本のコーヒーの歴史はまだまだ200年程度なんですね。
しかも、商品として輸入され始めたのが19世紀中頃なので本当に最近の飲み物なんですねぇ。

ちなみに、歴史としてはコーヒー業界では新米の日本ですが、実はインスタントコーヒーを開発したのは「日本人」なんです!!
日本の技術力恐るべしですね。

日本人の日本人による日本人のためのインスタントコーヒーって感じですかね。

どうですか?
インスタントコーヒーの見え方が変わってきましたか?
明日から最高のインスタントコーヒーを飲みましょう!

現代のコーヒーのトレンド

最近は少し変わった飲み方も、流行っていますよね。

ビールのような泡をコーヒーの上に乗せて飲む「泡コーヒー」

なによりここ数ヶ月で人気の「ダルゴナコーヒー」
少し手間を加えて家でもお店の味が楽しめるのは良いですよね!

おすすめの美味しいインスタントコーヒー

おすすめコーヒー

ここまでおいしく飲むために色々紹介してきましたが、ここからは実際に私のおすすめのインスタントコーヒーを紹介します!

【おすすめ①】香りの良さ

コーヒーといえば香り!
香りの良いコーヒーをご紹介します!

クセがなく飲みやすいです。

全体的にバランスが取れていて風味がよく香りが楽しめるコーヒーです。

そしてもう一つとってもいい香りがするコーヒーで、ご紹介したいのがこちらです。

スッキリとした飲みやすさ、そして、なんと言っても香りがとても良い!!
深い香りを求めている方に特におすすめです。

【おすすめ②】口当たりの良さ

コーヒーを飲みたいけど、苦味や酸味、カフェインが多いのが苦手という方におすすめなのがこちら!

スティックタイプで手軽でありながらも、しっかりとしたコクを楽しみながら、酸味や雑味が少なく後味がスッキリしていてとても飲みやすいコーヒーです!

【おすすめ③】ドリップしたい方

「インスタントコーヒーもいいけど、せっかくならもう少し本格的なドリップコーヒーを入れてみたい!」
という方におすすめしたいのがこちら!

本格的なお店の味が、お手軽にご自宅で楽しむことができます!
そして、お値段もリーズナブルでありながら本格的な香り・味わいを満足いくまで体験することができ流人期のドリップコーヒーです。

日用品
スポンサーリンク
モフモフチップスをフォローする
モフモフチップス

コメント